【3分で分かる】世の中の食事法

書店の健康コーナーに行くと様々な食事の本が出されてますね、正直どれが良いか分からない人がほとんどです。

「あの食事法がいいらしいよ!」、「この食事法が最近流行っているんだって!」ともう何が良くて何がダメなのやら・・・

まずはだいたいどんな食事法があるのか、まんべんなく何となく知っているだけでも選択肢が広がりますので是非参考にしてみてください。

これだけ知っていればOK

細かく知らなくても半分くらい分かっていれば良いでしょう。

指導する立場でしたら別ですが、消費者としてなら何となく知っているのがまず第一歩であり、気になるのがありましたら深く掘り下げて、自分に合うのかを検証してみたりする。

糖質制限食

血糖値を上昇させる糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐのが糖質制限食の考え方、簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージです。米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものを極力減らすわけですね。

だいぶ最近メディアに取り上げられ有名になりましたが、「とりあえず糖質は悪!」として断糖になっている方もチラホラみましたので「制限」と言うことをお忘れなく。

現代人は過剰に糖を摂取しているので、食事を疎かにしている人がやると3ヶ月だけでも頑張って実践すれば調子が以前よりかなり良くなります。

私が実践してみて、頭がお昼にボーとしなくなったり疲れやすさが無くなったりしました。

江部康二さんや溝口徹さんなどが糖質制限では有名です。

玄米菜食(マクロビオティック)

一時日本ではすたれましたが逆輸入され根強い人気をもっています。「マクロビ」と言えば聞いたことある人はいるでしょう。

マクロビ自体は食事法というより考え方や宗教的な部分が強いです。

身土不二(自分が暮らしている環境で、その季節の旬に採れる作物を食べる)、一物全体(ひとつのものを丸ごと食べる)などの考え方があります。

また陰陽のバランスも重要視しており、この辺りは勉強しないと難しいかもしれません。

昔はマクロビは動物食を禁じていたわけではないのですが、いつのまにかそうなってしまいました。

ナチュラルハイジーン

新鮮な空気と水、食事、十分な睡眠や休養、適度な運動、日光、ストレスマネージメントを六原則とし、人間の特性は果実食であり、午前中は果物のみを食べ生野菜を中心にし、動物性蛋白質は控え精製加工食品は食べない、という方針になっています。

また、火を通すと酵素等栄養が死んでしまうので野菜は生で食べるのが原則。バランスのとれた食事より、食べ合わせに注意することを重要視しております。

フィット・フォー・ライフという本が有名。

ローフード

生で食べることを重視した方法論。英語で表すとRaw(生の)Food(食べ物)。

酵素が熱で失活することに着目しています、ナチュラルハイジーンに似てますね。

http://www.raw-food.jp/rawfoodより引用

このような食事内容になるようです。

 

 まとめ

これだけ分かっていれば十分かなと思います。

食事法には正解がありませんので、自分にあった食事法を選んで実践してみて合いそうだなと思うものをチョイスしてください。

ここで大切なのが実践すること。

楽器選びでも実際に手に取って持ちやすさや弾きやすさ、音色を聴かないと自分が求めている楽器が分からないように、1、2ヶ月くらいは(食事は即効性がないので)試してみて体調や気持ちの変化を読み取って評価してみて下さい。

ジャンキーな食を毎日のようにしている人は実践すると元々が悪いので確実によくなったりするので、是非とも今後の健康のためにも、毎日口に入れるものから変えてみてはいかがでしょうか?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

RYUKI

整体師でありギタリストでありオタクである。趣味は読書で1年間で100冊呼んだ時期もありました。アニメは何でも観ます。自分の身体は自分で治すがモットー。 最高を求めず最悪は回避、マシな自由な世界であってと願う日々です。