アイカツ!のいちごちゃんママから学ぶ人生で大切なこと。「48話」

最近見始めた「アイカツ!」、小さい女の子が見るアニメだと思っている人は大間違いなのである。

有名なゲーム、テレビアニメ、テレビドラマ、映画の主題歌やBGMなどに楽曲を提供しているクリエーター集団「MONACA」が楽曲提供をしているので、私にとって高得点。

そして何と言っても脚本が素晴らしい。

小さい子向けアニメは話の内容が難しすぎると伝わらなくて響かない、単調で簡単にし過ぎても大きな収入源でもある大人にいい作品と思ってもらえない。

アイカツ!は大人でも子供でもハマり楽しめる作品である。

その中で48話「WAKE UP MY MUSIC♪」の回が素晴らしかったので書こうと思います。

ネタバレがあるのでアイカツ!を48話まで見ていない人や、これから見る人は見ない方が良いかも。まあ途中から何となく察してしまいますがね。

星宮りんごはどんな人物?

何を素晴らしいと思ったのか、それは星宮りんごのある言葉。

主人公の星宮いちごのママである星宮りんご。パパは仕事でいつも家にいないので、弟の星宮だいちと3人で暮らしている。

弁当屋を営んでいて、悩んでいるいちごにスターライト学園というアイドル育成学校への編入を勧めました。

少女時代はボブヘアで、ライブの経験がありアイカツ!カード(スターライトティアラ)を所持するなど謎の多い女性。

子供たちには黙っていたが、正体は元・伝説のアイドルユニット『マスカレード』のミヤ。引退後、表舞台から完全に姿を消しました。

その後の彼女の足取りは明かされていなかったが、学園のトップを決めるスターライトクイーンカップで再結成した際にいちごに正体を明かすのです。

なぜ人気絶頂中に芸能界を引退したのか、それは何とお弁当屋さんをやりたかったから。

「そんな事?」と思われる事でしょうが、本人にとってはとても大きい事だったのです。

星宮りんごがまだアイドルだった時代、「お弁当屋さんをやってみたい」と相談をして背中を押してくれたのが「Angely Sugar」というブランドのデザイナーさんである赤羽あすかという人物。

自分が何をしたら幸せになるか、感じられる才能

この人が星宮りんごにあなたには「〇〇の才能がある」と言いました。

それは「自分が何をしたら幸せになるか、感じられる才能」

人生の中でトップ10に入るくらい大事なことじゃないでしょうか?

例えば子供の頃から音楽が好きでミュージシャンになった人がいたとしましょう。

それからガムシャラに練習して様々な音楽を聴き、売れる為にマーケティングも勉強してメジャーデビュー。

ファンもそれなりに増え収入も安定してきた。ミュージシャンとしては成功したと言ってもほとんどの人が反論しない。

しかし「今幸せですか?」という自問に「はい。」と答えられない。これは何故であろうか?

考えて考え抜いて、1番楽しかったのは子供の頃にギターを弾いていた時だと分かる。

あの時は他人の目も気にせずに弾いていたし、お金のことや売れる為の曲作りなんて一切頭の中に無かった。

ではその人がメジャーデビューを捨てて人目も気にせず時代に流されない本当に好きか曲を作り、収入が安定した生活を送れたとしても、まだ心の中で「幸せ」と思えない。

本人は相当悩んでいるでしょう、楽しくて幸せだった音楽時代が合ったのにどうしても取り戻せない。

これは自分の価値基準が変わってしまったから?

いいえ、違うと思います。

もっともっと掘り下げていかなくては本当に自分が何をしたら幸せになるかに辿り着けない。

何時間も考えた末にやっと見つけた答えには呆気ない真実だったりします。

答えを言うと「音楽を通じて家族を喜ばせることが1番幸せ」だったのです。

子供の頃にお母さんお父さんに聴かせるため練習して弾いたThe Beatles。

お兄ちゃんと一緒に弾いてみたいと一生懸命練習したX JAPAN。

その時に喜んだ家族の笑顔とその場で共有している空間や時間を分かち合うことがその人にとっては何よりの幸せだったのです。

そのための武器として音楽を弾いていたのである。

確かに音楽は楽しい、一人でも仲のいいミュージシャン仲間でも一緒に弾いてて幸せである。

しかし、ずっと音楽活動を続けていく中でモヤモヤしていたのは「家族」という自分の中で最上位の価値基準が抜けていたためであった。

話を戻しましょう。

背中を押してくれたあすかさんから「自分が何をしたら幸せになるか、感じられる才能」があるといちごのママさんに言いました。

それから人気絶頂の中、アイドルを辞めてマイクから杓文字(しゃもじ)に持ち替えて自分の本当の幸せだと思う道へ。

ここまでの境地に至るためには、トップアイドルになるため必死に努力したから達したのでは?と私は思います。

もし世間一般的な普通の人生を歩んでいたら、「自分が何をしたら幸せになるか、感じられる才能」を持っていたとしてもお弁当屋さんを初めて夫を持ち、子供を持ち、家族を気付く人生が自分にとって幸せと気付かなかったのではないでしょうか。

価値基準の見つけ方

クライテリア(価値基準)

どうしたらいちごママのように本当に幸せと感じられることを見つけられるのか。

それには1度、立ち止まって考えることがオススメ。

具体的なやり方ですが、1つ目はNLPのワークが役に立ちます。

Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称で、別名「脳の取扱説明書」とも呼ばれる心理学です。

私が真面目に学んだ中の1つがこのNLPなのですが、この技術を実践出来れば人生において役に立つことが多々ありました。

実際に学んでみて、隠れた自分の気持ちを発見したり他人とコミュニケーションが上手くなったり、他に新しい人脈が出来て新しい仕事を頂いたりしました。

まだまだ使いこなせてない私ですが、助かっている面は多かったのは確かです。

このNLPのクライテリア(価値基準)のワークが「自分にとって本当は何が大切か」を見つけるのに役立ちます。

頭の中で1人でもこのワークは可能ですが、できれば2人ですると本当の気持ちが出てきやすいので是非友達や恋人や家族とやって見てください。

クライテリアの手順

●1、「あなたが人生(または仕事)で大切にしていることは何ですか?」
という質問を何度も繰り返します。
そのたびに、質問を受けた人は一言で答えていきます。

例)信頼、正確性、達成感、目標、お金など。

●2、すべての答えを言い終わったら、どの価値観が優先度の高いものかを確認します。
このような質問を繰り返しながら、優先度を決めていきます。
「信頼と正確性だったら、どちらが大切ですか?」のように。

この質問を繰り返すことによって、
その人の価値観の優先順位を知ることができます。→参考

メモの魔力

もう1つオススメなのが今年の12月24日に発売する前田祐二さんの書籍「メモの魔力」という本。

このPR動画見た日とアイカツ48話を見た日が同じだったのでビックリしました。

これ読めば自分が何をしたら幸せになれるかの自己分析出来るじゃん!と。

前田祐二さんは自己分析する為に3.40冊もノートに書いたようで、周りが引くくらいのメモ魔だそうです。

ライブに行ってもニュース番組に出ていても人と会っていてもメモをしているとか。

気になる人は是非チェックして見てください。

まとめ

アイカツ!をdアニメストアで一気に見てしまいましたが、人気の理由がすごくよく分かりました。

個人的には頭空っぽにしてアニメを見たい派ですが、ただ見て面白かったで終わらせるよりもたまには1話分のストーリーからたくさん学んで糧にするのも良いですね。